低層マンションの工事

一般的に5階建て以下のマンションを低層マンションと呼んでいますが、郊外の地域ではこのような低層マンションが主流となっています。そのため、土木工事業者でも低層マンションの建設工事は比較的需要があると言えるでしょう。基本的に5階建て未満の場合には、エレベータの設置は必要ありません。

しかし、5階建て以上のマンションではエレベーターを設置する必要があるので、低層マンションでも4階建てまでの場合と、それ以上の場合では、工事の方法も変わってしまいます。また、電気工事や水道工事も当然必要になるのですが、低層マンションで比較的多くなっているのが、タンクに飲み水を溜めるというシステムです。

タンクに飲み水を溜める場合には、定期的なタンクの清掃が必要不可欠なので、管理費がその分高くなってしまうという欠点があるものの、水道料金は多少安くて済むという利点もあります。このように低層マンションの建設工事にはいろいろな問題があるのですが、社会インフラ整備を行う上で、低層マンションの建設は欠かせません。

時間がかかる道路工事

土木工事と言えば道路工事と言っても過言ではないぐらい定番なのですが、道路工事というのは実際に工事を開始するまでかなり時間がかかります。道路工事というのは依頼を受けてから着工するまでの期間が比較的長いのですが、なぜ依頼を受けてすぐに工事を行わないのかというと、設計図や計画表などの作成、予算配分や自治体などへの申請など、行わなければいけないことがたくさんあるからです。

家などの建設工事などでは、工事が決まってから着工するまでの間放置しておけばよいのですが、道路というのは車や自転車、人が縦横無尽に走っているため、工事が決まってから完了するまで通行禁止にするわけには行きません。

そのため道路工事の場合には、工事を行うときに、工事を行う部分だけを通行止めにするのが一般的です。よく片側通行になっている道路をよく見かけることがあるのですが、このように片側通行や歩道だけを通れるようにするのは、車や自転車、歩行者などが通れなくなるのを防ぐためなのです。

先日ご紹介したナガヤス工業株式会社では、くらしに関わる工事にも携わっており、道路工事も行っています。ナガヤス工業では、道路だけでなく橋なども工事しています。こういった公共部分に関わる土木・建設工事においても、ナガヤス工業は活躍しています。

下水道

水道関連の工事を行う場合には、上水道と下水道があるのですが、使用した水を下水処理場まで運ぶために必要なのが下水管の工事です。もちろん下水道は道路の下を通っているので、ドブや下水道の工事を行う場合もあれば、住宅などからドブや下水道までの配管設置工事を行う場合もあります。

下水の場合にはすでに通っているドブや下水道までを繋げる工事になるので、上水道よりは時間をかけずに工事を行えます。ただし、途中で水が漏ってしまうと大変なことになるので、水漏れがないように注意しないといけません。昔は下水を川や海に直接流していましたが、社会インフラ整備が進み、現在では禁止されているので、必ず下水処理場に水を運ぶようになっています。

下水処理場ではプランクトンや微生物の力を借りて水をきれいにしてから川や海に流しているので、だいぶ環境が改善されたと言えるでしょう。土木工事では基本的に下水の工事は配管工事のみになるので、経験を積む場合にはまず下水工事を行うところが多くなっています。

埼玉県草加市に居を構えるナガヤス工業株式会社では、下水や雨水管渠などの土木工事を請け負っており、下水道に関わる工事には長けています。埼玉県ならナガヤス工業株式会社など、中小企業とはいて、技術のある会社が公共工事を担っています。

施行計画

土木工事の依頼を受け、しっかりと打ち合わせを行ったら、今度は施工計画を立てなければいけません。建設工事を依頼されたのであれば、図面が必要になるので、まずは設計図を作成しないと作業を行えません。設計図にも一般的な平面図から立体図まで存在しているので、きちんと作成をしてから作業を行います。

作業を行う際にも、どの部分から取り掛かっていくのか、作業員は何人導入するのか、どこから材料を購入するのかなども決めていきます。ただし、初めて作業を行うのであれば、全て1から行う必要があるのですが、通常の土木工事業者であれば、今まで数多くの経験を積んでいます。

よってこの材料が必要な場合には、この業者から仕入れる、どの部分から取り掛かり、どれだけ時間がかかるのかという点も、大半の業者は熟知しています。よって大変なのは設計図といつまでに完成させればよいのかという点だけでしょう。どこよりも良い建設工事を行わないと、依頼が来なくなってしまうので大変苦労するのです。

別荘

お金に余裕がある人の中には、別荘を持っているという人もいるでしょうが、通常別荘というのは人里離れた地域に建てることが多くなっています。人里離れた地域であれば比較的広い土地になっていることが多いので、土木建築業者としては重機が入りやすいというメリットがあります。

しかし、中には山奥に別荘を建てる人もいるので、このような場合には道が細くて移動が困難になることもあります。さらには坂道を整備して別荘を建てることもあるので、やはり建設工事を行う側の人にはメリットもあればデメリットもあると言えるでしょう。建築方法は一般住宅と同じようにすることもある反面、ログハウスのようにすることもあります。

別荘の場合には普段留守にすることも多いでしょうが、移住してきて民宿を経営する人も最近では増えてきているので、一緒に駐車場の整備を依頼されることもあります。あまり社会インフラ整備とは関係ありませんが、都会から地方へ移住する人も増えているため、今後は依頼者が増えると予想されます。

高層マンション

最近は都心を中心に高層マンションが多数建築されている傾向にありますが、高層マンションの土木工事はかなり時間もかかりますし、安全面にも十分配慮する必要があります。
ここ数年で災害の発生件数がかなり増加しているので、地震や台風、竜巻や大雨の被害を受けないように注意しなければいけません。

また、建設作業中にも物を落下させないように注意する必要がありますし、自分自身の安全面にも気を配る必要があります。もし建設作業中に事故があったなどという噂が広まれば、賃貸住宅であれば誰も借りなくなるでしょうし、分譲住宅であれば全く売れなくなることもあるでしょう。

よって高層マンション建築では、安全面を何よりも重要視する必要があります。他にもエレベーターの設置工事や、高い場所まで電気や水道を引く作業もあるので、工事の技術力も必要になりますが、社会インフラ整備の一環として行われるため、必要な仕事でもあるのです。中には駐車場が必要になる高層マンションもあるので、それ相応の時間が必要になります。

低層マンション

最近はマンションなどの集合住宅がよく建設されていますが、土木工事業者が行う建設工事の中でも、かなり多い方に分類されるでしょう。低層マンションは都心でも地方でも需要があります。都心であれば少し駅から離れた地域や、国道沿いなどによく建てられていますし、地方であれば駅前を中心によく建てられています。

しかもそれほど高さもないので、比較的短い時間で建設できるというメリットもあります。マンションには賃貸住宅と分譲住宅があるのですが、献血工事を行う土木工事業者から見れば、建設方法が異なるわけではないので、特に関係ありません。そんな低層マンションは需要も高く、入居者も多いので、これからも社会インフラ整備を行う上で必要なことです。

土木工事の経験を積むのにも低層マンションの建設はふさわしいですが、水道工事や電気工事など難しい工事も行う必要があるので、もちろんベテランの職人に指導してもらいながら作業を行うようになるでしょう。

アパート

最近アパートが建つのは珍しいことですが、全くなくなってしまったわけではありません。現在でも少数ながらアパートが建設されることもあるのですが、木造のアパートが建つことは滅多にないと言えるでしょう。ちなみにアパートとマンションというのは、このようなのがマンション、このようなのがアパートと区別されているわけではないのです。

簡単に言えば、持ち主がアパートだと言えばアパートになりますし、マンションと言えばマンションになります。一般的には2階建ての集合住宅がアパート、3階建て以上の集合住宅をマンションと呼ぶことが多いようです。最近は賃貸住宅を借りる人が減少しているので、土木工事業者がアパートを建設することも少なくなっています。

それでも地方では大きなマンションを建てても入居が見込めないので、アパートのように小規模な集合住宅にすることも多いのです。もちろん耐震強度や燃えにくいように建設するなども、社会インフラ整備を行うには欠かせないと言えるでしょう。

トンネル工事

現在の日本はだいぶ自然破壊が進んでしまいましたが、それでも山がまだたくさん残っていますし、道路を通すためには山を切り崩すのではなく、迂回するかトンネルを掘って道路を通すようになります。中にはどうしても迂回できない場所もありますし、高速道路などで急なカーブは危険なので、トンネルを掘ることが多いでしょう。

トンネル工事はまず堀削作業を行い、それと並行して岩盤が崩れないように補強を行っていきます。もちろん水が漏ってこないか、岩盤が弱すぎないかという調査も重要です。さらにコンクリートを打ち込んで、安全に走行できるようにしていくわけですが、土木工事の中ではかなり高度な技術と手間がかかる作業になります。

しかし、トンネル工事も社会インフラ整備を行う上では欠かせない作業ですし、今まで通行するのが困難であった場所が便利になるので、どうしても必要なことなのです。しかもトンネル工事は道路だけではなく、鉄道を通すときにも必要になる工事です。

社会インフラ整備において注目されている企業が埼玉県草加市にあります。ナガヤス工業株式会社です。このナガヤス工業(株)では、様々な社会インフラ設備を手がけていますが、こういった土木工事において中小企業であっても技術が飛びぬけていると注目されることになります。ナガヤス工業株式会社については、下記をご参照ください。

http://www.nagayasu.info/

地方の一軒家

都会と違い、地方の一軒家は面積が広いことが多いですし、比較的重機が入りやすくなっていることから、都会よりも作業量としては多くなる反面、仕事がしやすいと言えるでしょう。中には家の広さは都会と同じで、庭がある分面積が広くなるということも珍しくはないので、建設工事の経験がない人が経験を積むのに適していると言えます。

作業方法や手順などは、都会であっても地方であっても全く一緒なので、あくまで作業の量と面積に大きな違いがあると言えるでしょう。ただし、地方の場合には山間部に家を建てることもありますし、川の近くや畑、田んぼだった跡地に家を建てることも珍しくはありません。

そのため、安全面を特に重要視しなければいけないというのが難しいところだと言えます。特に最近は異常気象で災害が多発している状況なので、大雨や台風、地震が来ても安心して暮らせるような家づくりが求められます。災害に強い家づくりは、社会インフラ整備を行う上ではとても大切なことなのです。