時間がかかる道路工事

土木工事と言えば道路工事と言っても過言ではないぐらい定番なのですが、道路工事というのは実際に工事を開始するまでかなり時間がかかります。道路工事というのは依頼を受けてから着工するまでの期間が比較的長いのですが、なぜ依頼を受けてすぐに工事を行わないのかというと、設計図や計画表などの作成、予算配分や自治体などへの申請など、行わなければいけないことがたくさんあるからです。

家などの建設工事などでは、工事が決まってから着工するまでの間放置しておけばよいのですが、道路というのは車や自転車、人が縦横無尽に走っているため、工事が決まってから完了するまで通行禁止にするわけには行きません。

そのため道路工事の場合には、工事を行うときに、工事を行う部分だけを通行止めにするのが一般的です。よく片側通行になっている道路をよく見かけることがあるのですが、このように片側通行や歩道だけを通れるようにするのは、車や自転車、歩行者などが通れなくなるのを防ぐためなのです。

先日ご紹介したナガヤス工業株式会社では、くらしに関わる工事にも携わっており、道路工事も行っています。ナガヤス工業では、道路だけでなく橋なども工事しています。こういった公共部分に関わる土木・建設工事においても、ナガヤス工業は活躍しています。

下水道

水道関連の工事を行う場合には、上水道と下水道があるのですが、使用した水を下水処理場まで運ぶために必要なのが下水管の工事です。もちろん下水道は道路の下を通っているので、ドブや下水道の工事を行う場合もあれば、住宅などからドブや下水道までの配管設置工事を行う場合もあります。

下水の場合にはすでに通っているドブや下水道までを繋げる工事になるので、上水道よりは時間をかけずに工事を行えます。ただし、途中で水が漏ってしまうと大変なことになるので、水漏れがないように注意しないといけません。昔は下水を川や海に直接流していましたが、社会インフラ整備が進み、現在では禁止されているので、必ず下水処理場に水を運ぶようになっています。

下水処理場ではプランクトンや微生物の力を借りて水をきれいにしてから川や海に流しているので、だいぶ環境が改善されたと言えるでしょう。土木工事では基本的に下水の工事は配管工事のみになるので、経験を積む場合にはまず下水工事を行うところが多くなっています。

埼玉県草加市に居を構えるナガヤス工業株式会社では、下水や雨水管渠などの土木工事を請け負っており、下水道に関わる工事には長けています。埼玉県ならナガヤス工業株式会社など、中小企業とはいて、技術のある会社が公共工事を担っています。

施行計画

土木工事の依頼を受け、しっかりと打ち合わせを行ったら、今度は施工計画を立てなければいけません。建設工事を依頼されたのであれば、図面が必要になるので、まずは設計図を作成しないと作業を行えません。設計図にも一般的な平面図から立体図まで存在しているので、きちんと作成をしてから作業を行います。

作業を行う際にも、どの部分から取り掛かっていくのか、作業員は何人導入するのか、どこから材料を購入するのかなども決めていきます。ただし、初めて作業を行うのであれば、全て1から行う必要があるのですが、通常の土木工事業者であれば、今まで数多くの経験を積んでいます。

よってこの材料が必要な場合には、この業者から仕入れる、どの部分から取り掛かり、どれだけ時間がかかるのかという点も、大半の業者は熟知しています。よって大変なのは設計図といつまでに完成させればよいのかという点だけでしょう。どこよりも良い建設工事を行わないと、依頼が来なくなってしまうので大変苦労するのです。