低層マンションの工事

一般的に5階建て以下のマンションを低層マンションと呼んでいますが、郊外の地域ではこのような低層マンションが主流となっています。そのため、土木工事業者でも低層マンションの建設工事は比較的需要があると言えるでしょう。基本的に5階建て未満の場合には、エレベータの設置は必要ありません。

しかし、5階建て以上のマンションではエレベーターを設置する必要があるので、低層マンションでも4階建てまでの場合と、それ以上の場合では、工事の方法も変わってしまいます。また、電気工事や水道工事も当然必要になるのですが、低層マンションで比較的多くなっているのが、タンクに飲み水を溜めるというシステムです。

タンクに飲み水を溜める場合には、定期的なタンクの清掃が必要不可欠なので、管理費がその分高くなってしまうという欠点があるものの、水道料金は多少安くて済むという利点もあります。このように低層マンションの建設工事にはいろいろな問題があるのですが、社会インフラ整備を行う上で、低層マンションの建設は欠かせません。