アパート

最近アパートが建つのは珍しいことですが、全くなくなってしまったわけではありません。現在でも少数ながらアパートが建設されることもあるのですが、木造のアパートが建つことは滅多にないと言えるでしょう。ちなみにアパートとマンションというのは、このようなのがマンション、このようなのがアパートと区別されているわけではないのです。

簡単に言えば、持ち主がアパートだと言えばアパートになりますし、マンションと言えばマンションになります。一般的には2階建ての集合住宅がアパート、3階建て以上の集合住宅をマンションと呼ぶことが多いようです。最近は賃貸住宅を借りる人が減少しているので、土木工事業者がアパートを建設することも少なくなっています。

それでも地方では大きなマンションを建てても入居が見込めないので、アパートのように小規模な集合住宅にすることも多いのです。もちろん耐震強度や燃えにくいように建設するなども、社会インフラ整備を行うには欠かせないと言えるでしょう。

▼こちらもお読みください

  • 時間がかかる道路工事2015-12-24 時間がかかる道路工事 土木工事と言えば道路工事と言っても過言ではないぐらい定番なのですが、道路工事というのは実際に工事を開始するまでかなり時間がかかります。道路工事というのは依頼を受けてから着工するまでの期間が比較的長いのですが、なぜ依頼を受けてすぐに工 […]
  • 施行計画2015-12-22 施行計画 土木工事の依頼を受け、しっかりと打ち合わせを行ったら、今度は施工計画を立てなければいけません。建設工事を依頼されたのであれば、図面が必要になるので、まずは設計図を作成しないと作業を行えません。設計図にも一般的な平面図から立体図まで存 […]
  • 低層マンション2015-11-02 低層マンション 最近はマンションなどの集合住宅がよく建設されていますが、土木工事業者が行う建設工事の中でも、かなり多い方に分類されるでしょう。低層マンションは都心でも地方でも需要があります。都心であれば少し駅から離れた地域や、国道沿いなどによく建て […]
  • トンネル工事2015-10-30 トンネル工事 現在の日本はだいぶ自然破壊が進んでしまいましたが、それでも山がまだたくさん残っていますし、道路を通すためには山を切り崩すのではなく、迂回するかトンネルを掘って道路を通すようになります。中にはどうしても迂回できない場所もありますし、高 […]